阿蘇はひとつ 繋がりが創る魅力ある阿蘇の推進

青年会議所とはWhat's

青年会議所(JC)は明るい豊かな社会の実現を同じ理想とし、次代の担い手たる責任感を持つ20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく自由な個人の意思によりその移住する各都市の青年会議所に入会できます。

60余年の歴史を持つ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けておりますが、現在697の地域に約35,000名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として公益社団法人日本青年会議所が東京にあります。全世界に及ぶこの青年会議所の中枢は国際青年会議所ですが、130有余の国にJC運動の灯があり、国際的な連携を持って活動しています。公益社団法人日本青年会議所の事業目標は、社会と人間の開発です。その具体的事業として我々は市民社会の一員として、市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、自由を基盤とした民主的集団指導能力の開発を推し進めています。さらに日本の独立と民主主義を守り、自由経済体制の確立による豊かな社会を作り出す為、市民運動の先頭に立って進む団体、それが青年会議所です。

理事長所信Message

『阿蘇はひとつ』~“らしさ”が生み出す 個性輝き合う未来へ~

第39代理事長
山内誠一朗

1980年 阿蘇青年会議所が創立された年に私は生まれました。38年という時間の中で、私が体感してきた数々の苦難-バブル経済の崩壊、グローバル化、超就職氷河期、リーマンショック、多発する自然災害、生産年齢人口の減少-これらは、阿蘇青年会議所が地域と共に取り組んできた課題の歴史といえるでしょう。どんな苦難にも立ち向かい、地域を支えてきた伝統ある阿蘇青年会議所。その第39代理事長の役を仰せつかり、大変な重圧を感じています。

青年会議所は「修練」「奉仕」「友情」の三信条のもと、会員同士切磋琢磨しながら自己研鑽をし、その力をもって地域社会へ奉仕することを活動・運動の柱としています。

おしらせInformation

活動報告Report

  • 日本青年会議所
  • 九州地区協議会
  • 熊本ブロック協議会
  • 阿蘇市
  • 南阿蘇村
  • 高森町
  • 産山村
  • 南小国町
  • 小国町
↑ Pagetop